top of page
〜漢方医学再評価〜
古くから存在し、そして新しい漢方

 漢方とは、五、六世紀ごろ日本に入ってきて、日本的な修飾を経つつ現在に至った中国の伝統医学のことを指します。漢方は中国を中心に約二千年の歴史があり、長い年月をかけ総合的な診断から独自の治療法と薬方を編み出してきました。
 日本的な色彩の強い漢方が開花したのは江戸時代ですが、明治時代になりますと、「西洋に追い付け追い越せ」を至上目標とした当時の日本にとって漢方は「古い時代の遺物」でしかなく、新しい西洋医学によって置き換えられてしました。西洋化を目指す政府の定めた医師免許制度により、西洋医学を修めた者にのみ医師の資格が与えられるようになり、漢方は日本の医学界から姿を消し西洋医学一辺倒になってゆきました。
 この間、西洋医学は長足の進歩を遂げ、社会に果たした役割は確かに大きなものがありますが、奇妙なことに西洋医学(現代医学)の発展と呼応して漢方医学再評価の動きがこの近年急速に高められてきたのです。この一見矛盾とも見られる現象はどう理解したらよいのでしょうか。
 現代医学が西洋薬万能、検査万能に陥り、ややもすれば病気を診て病人をじっくり診ない風潮があるとともに、現代医薬の限界と薬害が問題化されてきていているだけに、漢方再評価の機運が生まれてきたのは、むしろ自然の成り行きといってもよいのかもしれません。
 にわかにクローズアップされてきた漢方医学、いったいどのような特徴があるのでしょうか。 

 

〜漢方の特徴〜
西洋医学との相違点
 漢方の特徴をひとつひとつ挙げれば枚挙にいとみませんが、ここでは代表的な二つについて述べます。

1,“未病(みびょう)を治す”
 現代社会では日々の忙しさによる疲労や不摂生な生活、睡眠不足、また周囲から受ける様々なストレスなどにより、肩こりや頭痛、便秘や下痢など便通異常、なんとなく体調がすぐれない等、身体や心の不調を抱えておられる方が増えております。この身体や心のバランスが崩れ、まだ病気にはなっていなくともなんとなく体調がすぐれない状態のことを、漢方では「未病(みびょう)」と呼びます。「健康とは云えない病気未満の状態」のことで、西洋医学ではこのような概念はありません。
 漢方はこの未病の段階で健康状態からシフトした生体のアンバランスを是正し自然治癒力を十分に発揮させるように働きかけること、即ち“未病を治す”ことを最も得意としています。

2,“オーダーメイド医療である”
 病に苦しむ人々はそれぞれ違った生命体であり、全て個性的であり、千差万別であります。この微妙な個人差を考慮して治療方針を決めるのが漢方の特徴で、各個人に対してきめの細かい治療を施すことが可能です。即ち漢方診療はオーダーメイド医療と云ってよいのかもしれません。
 以上のように、“人が元々持っている自然治癒力を高め、バランスを整えることによって病状を改善してゆく”しかも“個人差を考慮に入れ患者様一人一人に合った治療を提供する”と云うこと(漢方ではごく当たり前のことですが)が、現代の人々にも新鮮なものとして受け入れられているのではないでしょうか。
 ではもう少し具体的に、漢方治療が有効な疾患や病状にはどのようなものがあるのでしょうか。 

 

〜こんな時に漢方を〜

 原則として全ての病気や不健康状態に適応となり得ますが、そうは云うものの現代医療(西洋医学的医療)によって十分満足が得られる疾患まで無理に漢方薬で治療する必要もありません。
現代医学だけでは十分な満足が得にくい病態や分野、即ち
1 現代医学的に十分な治療法がない(冷え性、慢性膀胱炎、感冒など)、
2 治療方法はあるが副作用が問題(ステロイド薬適応疾患、慢性腎炎症候群、アトピー性皮膚炎、膠原病など)、
3 治療方法はあるが特異体質などでその治療法が選べない(薬剤アレルギーなど)、
4 現代医学的に原因や治療法が不明(高齢者や虚弱者の治療、不定愁訴、心身症など焦点が絞りにくい疾患)
などの場合、漢方の適応と云えましょう。

漢方とは

bottom of page